HOME > 施工手順
head_img_slim

お問い合わせをお待ちしております
TEL. 0166-35-4410
営業時間 AM9:00 〜 PM19:00

外壁塗装-施工手順

外壁塗装-素地調整

photo 塗装をする前に必ず行わなければならない事、それは、塗料を付きやすい状態にする事です。外壁の汚れや、風化した表面を高圧洗浄などで除去し塗装の妨げにならないようにします。これは、後の仕上がりや、塗膜維持年数に影響する大事な作業になります。

 

外壁塗装-養生

photo 塗装をするにあたって、塗らない部分は当然有るわけですが、そこを塗料の付かないようにするのが養生です。せっかく外壁塗装をするのですからそれぞれの見切りを綺麗にしておきたいですよね。塗装した際がスッキリしていないと、かえって古いイメージになってしまいます。家の廻りも塗料の飛散がないように心がけております。

 

外壁塗装-下地調整

photo 素地調整が終わり、塗装まであと一歩ですが、今一度、塗装する面を確認していきます。部分的にテクスチャーを失った箇所や欠けて落ちた所、ひび割れや荒れた面等、仕上がりの状態をイメージして整えます。広い面には調整剤を塗布し、部分的なものには補修をかけて次の工程の準備をします。

 

外壁塗装-下塗〜上塗り

photo 下地の状態が整ったら塗装の工程に入ります。基本工程は3工程で、下塗、中塗り、上塗り。下塗にはシーラーと言われる、素地と塗料の接着力を高める為のものと、租面などを調整するときに用いるサフェーサーがあります。中塗りは、上塗りの1回目と考えていただいたほうが分かりやすいと思います(材料によって違う場合があります)。そして最後の上塗り(上塗り2回目)で塗装工程が終わります。

 

お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号0166-35-4410 icon FAX0166-35-4410
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る